それから

自由気ままに…

小豆島編 マルキン醤油記念館

まだ小豆島編続きます。

 

間にいろいろ挟んでますけど(笑)

 

オリーブ記念館を後にして

フェリーの時間があるので

マルキン醤油記念館にいきました!

 

f:id:miko1o22:20180203201108p:image

 

 

醤油は、キッコーマンとマルサで育ったので

マルキンさん、初めましてです!

関西では、有名で職場の方に教えていただきました(o^^o)

 

私が行った時は、ちょうど改修工事中であまり奥まで行けなかったですが、海外の方で溢れてて観光スポットコースになってるようです。

 

 

入館前から醤油のいい香りで溢れてます♡

雨、ザーザーでしたけど。

 

基本、古い建物大好きなので大正初期につくられた工場ってだけて、楽しみなんです!

 

f:id:miko1o22:20180203195408j:image

 

しかも国の有形文化財

 

f:id:miko1o22:20180203195311j:image

 

 

醤油の歴史からはじまり〜

 

f:id:miko1o22:20180203194848j:image

 

 

f:id:miko1o22:20180203194329j:image

 

醤油樽

この中通り抜けますー

 

f:id:miko1o22:20180203194404j:image

 

f:id:miko1o22:20180203194546j:image

 

 

 f:id:miko1o22:20180203194633j:image

 

 

f:id:miko1o22:20180203195153j:image

 

醤油蔵見学

醤油づくりの道具たち

 

f:id:miko1o22:20180203195216j:image

  

f:id:miko1o22:20180203195346j:image

 

 f:id:miko1o22:20180203195434j:image

 

 

 f:id:miko1o22:20180203195451j:image

 

f:id:miko1o22:20180203195558j:image

 

 

 f:id:miko1o22:20180203195723j:image

 

 f:id:miko1o22:20180203195613j:image

 

こんな感じで醤油の出来上がりまでの工程や秘密がわかりやすく展示してあります。

 

途中で昔は人力で運んでたことを体験できる所・醤油屋のエプロンつけて写真が撮れるコーナーがありました!

 

実際の工事が見学できるとさらにいいなぁって思いつつ。

 

 

記念館のマスコット

 

 f:id:miko1o22:20180204023117j:image

 

 

外のお土産屋さんに

有名なしょうゆソフトクリーム(キャラメル風味)が販売されてて

みなさま購入(300円)してましたが、

私は食べなかったですー

 

 f:id:miko1o22:20180204000812j:image

 

あえて挑戦しませんでした!

 

 店内に醤油のテイスティングコーナーがあって

そこで全部の醤油の味をチェックしました⭐︎

 

 

 

 私の一押しはかき醤油

 ほどよい、甘さ。だし感があります。

かけ醤油という感じです!

 

f:id:miko1o22:20180205112819j:image

  

悩んだ末

お土産は、牡蠣醤油と記念館限定醤油とせんべいを購入。

限定醤油は、醤油ボトルのついてるのを買いました!!

 

f:id:miko1o22:20180204023226j:image

 

限定醤油「蔵の雫」
この醤油は、マルキン百寿の蔵で四季をめぐって熟成させた逸品。一年に一回しか取れないそうです。

 

 

f:id:miko1o22:20180205231629j:image

 

まだ使用してませんが、熟成された味わい。←テイスティング済み

 

限定ボトル

 

 f:id:miko1o22:20180205231643j:image

 

せんべい

 

f:id:miko1o22:20180205113220p:image

 

 

おせんべい🍘、お父さんが1人で食べてしまって味見できず( ・ᴗ・̥̥̥ )

 

通販もしてるので、かき醤油と一緒に今度、頼もうと思いますー

 

 

蔵の雫は、ぜひ買って帰ること

おすすめします(o^^o)

 

 小豆島編は、次で終わる予定です。